好調スターバックス、次なる狙いは郊外客@


スターバックスコーヒージャパンの業績が絶好調だ。2013年3月期決算は
営業利益97億円と2期連続で過去最高を更新した。日本マクドナルドホール
ディングスや牛丼の「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスなど
大手外食チェーンが軒並み減益となった中で、その好調ぶりは際立っている。

starbuckscoffee20130527.jpg



 さらに、日本国内にあるスタバは3月末で985店舗に増えており、今年中に
1000店舗を上回ることが確実視される。本拠地である北米以外で1000店舗を
超えるのは日本が初めてだ。

 「(日本に進出した)17年前のあの日、誰がこの状況を想像しただろうか。
日本の成功がなければその後の海外展開もうまくいかなかった」と米スター
バックス
のハワード・シュルツCEOは言う。

 好調の要因は既存店での購入客数の増加だ。12年3月から14カ月連続で前年を
上回って推移している。

 「コーヒーだけでなく、店内環境やパートナー(アルバイトや従業員)の接客など
スターバックスでの総合的な体験が受け入れられている」とスターバックスコーヒー
ジャパンの関根純CEOは話す。 特に「従業員には店舗と同じ意気込みで投資を
している」(北川徹・戦略・ファイナンス統括オフィサー)というほど、教育には力を
入れている。 昨年は全国に約100人いる営業統括者全員を米国研修へ送り出した。

 ドリップコーヒーで300円からと決して安くはないが、米国流のおしゃれで居心地の
いい店作りがあらためて見直されているのだ。無料で使える無線LANの設置や一人
席を増やすなどしていることで、ビジネス客も多く取り込んでいる。

 もちろん、それだけではない。 売り上げを牽引しているのが、コーヒーや果汁を
ミックスした氷菓飲料であるフラペチーノだ。昨年夏に販売したプリン入りのマンゴー
パッションティーフラペチーノは、もともと期間限定商品だったが、人気に火がつき、
予定よりも早く完売した。

 また、冬場でもチョコレートブラウニーやさくらホワイトチョコといった新商品を
投入。 暖房が効いているショッピングセンターなどで売り上げを伸ばしている。

 フラペチーノは400円以上とドリップコーヒーよりも単価が高く採算がよい。競合
他社からは「スタバはコーヒーを売っていない」とやっかむ声も上がる。


東洋経済オンライン 2013.05.27より




ブルックス: 自宅でコーヒーチェーン店のおいしさを...



blogRanking.gif
人気blogランキングへ

★万が一、ご協力いただけると、つうしんぼ継続の エネルギーに変換します(笑)
そして、あなたにいい事が起こるでしょう(^o^)/


コーヒーチェーン店カフェつうしんぼTOPへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。